2018-02-01T13:29:05Z "絶対に釣れるルアー"の存在と可能性
最新ルアー学

"絶対に釣れるルアー"の存在と可能性

最新の科学知識を基にルアーフィッシングの様々な疑問や謎の解明に挑む「ライゼンバイトの最新ルアー学」第49回。今回のテーマは「絶対に釣れるルアー」

絶対に釣れるルアーは存在するのか?大手質問サイトでも度々見かける、誰もが一度は考える疑問に今日はお答えしましょう。

 

結論から言うと市販品では恐らく存在しないでしょう。そして、それを作り、再現できる程の確かな技術を持っているメーカーもビルダーも恐らく存在しません。

なぜなら、絶対に釣れるルアーを意図的に開発出来るほど、私たち人間の科学が進んでいないからです。

絶対に釣れるルアーをつくるためには様々な科学的問題を解決しなければいけません。魚たちがなぜルアーに食いつくのか、実はそれすらも全容が解明されているわけではないのです。

もしかしたら、どこかの誰かが偶然つくってしまっている可能性はあります。しかし、それはあくまで偶然でしかないため、存在しても世界に一つだけという可能性が非常に高いです。

そして、偶然である以上、そのルアーがなぜ絶対に釣れるのか解明しない限りは複製も難しいため、市販品として出回る事も恐らくありません。

しかし、希望はあります。これは以前にも最新ルアー学でお話しましたが、とある漁師さんが"絶対に釣れる疑似餌(ルアー)"の開発に成功していた可能性があるのです。

私の知人にその漁師さんの親戚である方がいました。私がその話を聞いた時には、既にその漁師さんは亡くなられていたのですが、その親戚の方がこう話してくれました。

「ある日、私の祖父は嬉しそうな顔をして孫である私に自慢げに話してくれました。"絶対に釣れる疑似餌を作った"と。その疑似餌はどんな状況でも、どんな魚が相手でも非常に良く釣れて、釣れなかった事はなかったそうです。」と。

その方も実物は見ていないそうですが、それがどんなものか、どんな試行錯誤の上で誕生したのか、覚えている限りの事を全て話してくれました。

その漁師の方は海の漁師さんだったようなので、淡水の魚にも有効かどうか、また本当に如何なる状況・魚種相手でも釣果が得られるのかまではわかりません。

しかし、聞いた限りでは、実在したのであれば恐らく最も"絶対に釣れるルアー"に近いものだったのは確かです。

いかがでしたでしょうか?絶対に釣れるルアーがないと分かってがっかりしましたか?しかし、釣りは絶対釣れるわけではないからこそ面白いとも言えます。きっと絶対に釣れるルアーが出来てしまっては、大半の人が釣りに飽きてしまうでしょうから。

また、今は存在しなくても、きっといつの日か誰かがつくる事になるでしょう。実際に存在した可能性もあるのですから、そう遠くない未来に発明されるのかもしれません。

その時、そのルアーを売るか売らないか、買うか買わないはその人次第。

"絶対に釣れるルアー"を夢見る心。「もしかしてあるのかな?」と思う気持ち。それくらい持っててもいいじゃないですか。私たちは魚との出会いを常に夢見る"夢追い人"ですから。