2018-02-01T13:53:08Z バス釣り初心者におすすめの釣具セット【2018年版】
最新ルアー学

バス釣り初心者におすすめの釣具セット【2018年版】

釣りの初心者というと、釣具店やホームセンターなどで売られている格安な釣具セットを買ってしまいがち。それはバス釣りにおいても変わらない。しかし、どんな釣りであろうとも、適切な釣具を買い求めないと、リール性能が悪すぎてトラブルに見舞われたり、ロッドの感度性能が悪すぎて魚のアタリが分からず釣りにならなかったりと、安すぎる釣具は問題だらけ。

そこで今日は、「この道具であれば問題ない」「この道具さえ揃えておけば釣れる」という、初心者におすすめのセットをご紹介しよう。

 

ロッド

ダイワ ロッド バスX 602LS
ダイワ ロッド バスX 602LS

日本を代表する2大釣具ブランドの一つ、ダイワから発売されている入門者用スピニングロッド。入門者用モデルではあるが、その仕様は過去の中級者モデル以上の仕様となっており、価格以上の性能が期待できるロッドだ。持ち運びに便利な2ピースタイプで、スピニングタックルで使用するルアーを幅広く扱える対応力を持っている。

また同価格帯の他社製品を比べた場合、わずかではあるものの比較的高いカーボン含有率であるため、相応の感度も期待できる。性能、価格、扱いやすさ、どれをとっても初心者にうってつけの一本だ。

リール

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 レブロス 2000
ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 レブロス 2000

同じダイワから発売されている入門者用スピニングリール。お手頃価格の入門者用とは言っても、往年モデルのミディアムクラス並みの性能を持っている。その性能は初心者にとって欠かせないものを全て備えていると言ってもいい。ハイエンド性能を必要とするアングラーでない限りは、バス釣りに関しては、このリールだけで初心者から上級者まで事足りてしまう性能を持っている。

また、このリールは後述するシマノのサハラ同様、海水での使用も可能だ。バス用タックルでちょっと海の魚を釣ってみたいという時にも、新たに海水対応製品を買い足さなくても良いのが素晴らしい。

ロッド

シマノ スピニングロッド バスワン R スピニング バス 260L-2 6フィート
シマノ スピニングロッド バスワン R スピニング バス 260L-2 6フィート

日本を代表する2大釣具ブランドの一つ、シマノから発売されている入門者用スピニングロッド。持ち運びに便利な2ピースタイプのロッドで、上位機種で採用されているリールシートを採用。スピニングで使用するルアー重量もしっかりとカバーしており、様々なフィールドに対応可能。エントリーモデルながら初心者から上級者まで使い込めるオールマイティーなロッドとなっている。

リール

シマノ リール 14 サハラ 2000
シマノ リール 14 サハラ 2000

同じシマノから発売されている入門者用スピニングリール。例え初心者用であっても、これだけは備えておいて欲しいという必要最低限の機能が盛り込まれたコストパフォーマンスが高いモデルだ。また、本リールは海水での使用も可能であるため、新たに道具を買い揃えなくても、同じ道具で海釣りにも対応できるのが嬉しい。

ただ、気をつけなければいけないのが、ここでオススメしているのは旧モデルであって、新しく発売されたNEWサハラでは新機能が追加された反面、一部機能が削られてしまっているので、その点は注意してほしい。(現在は新旧共に販売中。旧モデルはボディが画像のようなメタルグレイカラー。NEWサハラのボディーカラーはブラック&ゴールド)

ユニチカ(UNITIKA) ライン シルバースレッド S.A.R. 100m 6LB
ユニチカ(UNITIKA) ライン シルバースレッド S.A.R. 100m 6LB

ライン(釣り糸)に関しては、一昔前だと品質の悪いハズレ商品に当たった際には釣りにならないという事も多々あった。しかし現行製品においては、そういった事もあまり起きなくなり、どの製品を選んでも最低限の働きはしてくれるだろう。

しかし初心者のうちは、やはりライントラブルなどにも見舞われやすいので、ソフトでルアーの操作性も良く、扱いやすいシルバースレッドのラインをおすすめしたい。

シルバースレッドシリーズのラインは、筆者が数々の製品を試してきた中で、強度、リールへのなじみの良さ、ルアー操作性などで初めて惚れこんだラインだ。初心者にも間違いなくおすすめ出来るラインなので、迷った時には一度試してみて欲しい。

ちなみに、リンク先は参考商品として6LB(ポンド)となっているが、初心者のうちは魚とのファイトやキャスティングなど、いろいろな場面でラインに強い負担をかけてしまう事になるであろうから、強度と使い勝手の両方をとれる8ポンドを選択すると良いだろう。

技術がまだまだ未発達な初心者でも高い確率でバスを釣る事ができるルアーというものは、実はとてつもなく少ない。プロのガイドがつくならまだしも、このハイプレッシャーになった日本のフィールドで、ルアーを使って単独釣行でバスを釣るには、相応のルアーを扱う技術が不可欠だからだ。

そんな中でも「これさえ投げておけば釣れる」と言えるルアーを、20年余年の釣り歴の中からご紹介したい。

スミス ARスピナー

スミス(SMITH LTD) スピナー AR トラウトモデル 3.5g 14mm BGRM
スミス(SMITH LTD) スピナー AR トラウトモデル 3.5g 14mm BGRM

一つ目のルアーは、スミスのARスピナーだ。ARスピナーは卓越したブレードの回転性能を誇る製品で、スミスのロングセラー商品でもある。この「軸となるワイヤーに直接ブレードを通すシャフトスルー設計」と独自設計のブレードによってブレードの高速回転と強く細かい振動を生み出し、その小ぶりな見た目がバスを強烈に引き寄せる。バス以外の魚でも「釣れ過ぎ」の声を聞く実力派ルアーだ。

そのARスピナーの中でも、今回はバスに実績のあるブラック系のブレードとグリーンボディーのものチョイスしてみたので、気になった方はぜひ一度使ってみて欲しい。

ライゼンバイト ペギー

ライゼンバイト(Risenbite)ペギー 2g 24mm

もう一つ筆者が絶対的な信頼を持って初心者にオススメできるルアーがある。それがこのペギーだ。科学的にルアーフィッシングを研究するライゼンバイトが開発したこのペギーは、上記で紹介したスピナー同様、初心者でもタダ巻くだけで確かな釣果を生み出せる数少ないルアーの一つだ。

ジグともスプーンとも言えないそのボディーは、マイクロサイズでありながら安定した、かつ小刻みな幅広いウォブルアクションを見せる。激しいアクションと極小ボディーという、ARスピナー同様、釣れるルアーの絶対条件をしっかりと持っているルアーだ。試しに釣り初心者の妻に使わせてみたが、2時間ほどの間に、いとも簡単に数本のバスを釣ってしまった。初心者でも投げて巻くだけで、とにかく良く釣れるルアーなので、ARスピナーと同じく迷った時は是非一度使ってみて欲しい。

本稿では初心者におすすめのセットを紹介してきたが、いかがだったろう。バス釣りに限らず、釣りというスポーツは他のスポーツに比べて、道具を揃えるために少しお金がかかってしまう。

しかし、お金をかけるのが嫌だからといって安過ぎるものに手を出すと、魚は釣れないわ、トラブルだらけだわで、お金をドブに捨てるような事になってしまうだろう。最悪の場合、釣りの楽しさに気づく間もなく釣りをやめてしまうかもしれない。

だが、最初にほんの少しだけ頑張って最低限しっかりとした釣具を揃え、ここで紹介したような釣果が確かなルアーさえ使えば、初心者でも初日から魚と出会える可能性がグッと上がるし、釣りの上達も早くなる。もちろん、釣りの楽しさだって広がりを見せるはずだ。

必ずしもここで紹介したセットを購入する必要はないが、最初が肝心と良いモノを買って、是非釣りの世界を楽しんで欲しい。