2018-02-01T13:56:20Z 釣れるアングラーになる携行食(行動食)
最新ルアー学

釣れるアングラーになる携行食(行動食)

釣りは言わずと知れたアウトドアスポーツだ。その釣りの種類にもよるが、一部の釣りはあらゆるスポーツの中でもトップクラスに頭脳を使う知的スポーツでもある。しかも半日近く釣り続けることも珍しくなく、時には朝から夜まで、もしくは夜通し続ける事だってある。

そんな頭も体も使い続けるスポーツでありながら、釣行時におけるアングラーの体力や知力を維持または補助するための食品について語られる事はあまりない。本稿ではそんな釣れるアングラーになるため、釣れるアングラーで居続けるための携行食について触れてみよう。

 

大丸本舗 ぶどう糖 18粒×10袋
大丸本舗 ぶどう糖 18粒×10袋

脳の主なエネルギー源はブドウ糖

何よりも先ずオススメしたいのが、このブドウ糖だ。おおよそ大半の釣りで使い続けるのは頭脳であり、その頭脳はブドウ糖をエネルギー源としている。

脳にエネルギーが足りなくなってくると、頭がうまく働かないのような感覚を覚え始め、考えがうまくまとまらなくなったり、計算などがしづらくなってくる。長時間釣りをしていたり、バス釣りの上級者が行うパターンフィッシングのような頭を酷使する釣りをしていて、頭がうまく働かなくなる感覚を覚えた事がある人も少なくないはずだ。

刻一刻と変わる自然の状況から、常に正しい答えを推理しなくてはならない釣り人にとって、脳の働きが低下するのは致命的とも言える。

吸収も早く、携帯性も抜群

そういった状態を避けるのに有効なのが、こういったブドウ糖食品だ。100%純粋なブドウ糖を固めた食品であるため、体内で変換する工程もなく、吸収も速やか。口どけも早く、疲れた脳や体に素早く効いて、その機能を回復・維持してくれる。

後述する氷砂糖に比べると価格が少々割高なのがキズだが、ブドウ糖食品は小さく個包装されている商品も多く、携帯性も抜群。肉体と脳を酷使する釣りのプロやヘビーな釣りをするアングラーにこそオススメしたい携行食だ。

氷砂糖クリスタル (200g)
氷砂糖クリスタル (200g)

次におすすめしたいのが氷砂糖だ。今では子供の駄菓子としても売られている氷砂糖だが、実は非常に優れた携行食で、過去には日本軍に採用されていた事もある。今でも登山家などに愛されており、災害時の非常食としても推奨されているほどだ。

吸収性に優れたショ糖の結晶

そんな氷砂糖が携行食として薦められる理由は、まずその糖としての純度の高さと、吸収性にある。氷砂糖は一見すると飴の一種のようにも見えるが、実際は一つの大きな砂糖の結晶で、純度が高く、余計なものが含まれていない。そのため、体内での消化・吸収性に優れ、比較的短時間で脳や体のエネルギーへと変わるのだ。

高温・低温にも強く、暑さや寒さの中にいる事が多い釣り人にとっても形が変わりにくいので携帯性にも優れ、食べやすい点がうれしい。非常に頑丈で耐衝撃性に優れることも携帯性の高さにつながっており、多くのアングラーにとって最適な携行食となっているのだ。

コスパ最強の携行食

また、氷砂糖は口に含む事で唾液の分泌が促され、多少なら喉の渇きも防いでくれる。砂糖の結晶といっても味は適度に薄く、飽きが来ないのも非常食や携行食に薦められる理由の一つだ。

値段も駄菓子として売られているものなら一袋30円からと、本稿で紹介している食品の中では最も安く、コスト・携帯性・消化吸収性など、様々な観点から見て、特にオススメできる携行食の一つと言えるだろう。

大塚製薬 カロリーメイト ブロック フルーツ味 4本入り×10個
大塚製薬 カロリーメイト ブロック フルーツ味 4本入り×10個

次にオススメしたいのが、知名度ナンバーワンと言ってもいい栄養補助食品、カロリーメイトだ。1983年に発売されて以来、アスリートをはじめとする多くの人々に栄養補助食品として愛されてきた。そんなカロリーメイトは携行食としても優れるため、登山家などにも好んで携帯する人がいる。

バランスに優れた栄養価

同製品が携行食として優れる理由は、まずその高い栄養価にある。カロリーメイト一本当たりのカロリーは100kcal、ミネラル、糖質、ビタミン、タンパク質などがバランス良く含まれており、釣りの間にサッと食べられる食品としては十分過ぎる栄養補給源となっている。

また、カロリーメイトはバランス栄養食としてだけでなく、消化性も追求して開発された食品であるため、その点でも優れているのだ。4本パックは少しかさばるが、2本パックの方なら小さなポケットにも入るレベルなので、携帯性も申し分ない。

少々食べづらさはあるが優れた携行食

ただ、前述した2製品に比べると少々食べづらさがある。口の中の水分をかなり持っていかれるため、個人や食べる量によっては水分を必要としてしまうのだ。その点に関しては少し減点しないといけないが、それでもカロリーメイトが釣行用の優れた携行食である事は間違いない。

ウイダーinゼリー エネルギー マスカット味 180g×6個
ウイダーinゼリー エネルギー マスカット味 180g×6個

次におすすめなのが、ウィダーinゼリーを代表とするゼリー系栄養補助飲料だ。これらゼリー系栄養補助飲料は、カロリーメイトと同じく栄養バランスに優れるだけでなく、消化吸収性が非常に高い。その消化吸収性の高さから、運動30分前以内でも食べられると言われる程で、高い即効性が期待できる。

食べ方としても飲むだけなので噛んだりする必要もなく、同時に水分も補給できるため、手間をかけることなく瞬時に水分と栄養の補給をできるのは魅力的だ。

釣行時の保存や携帯性に少々難あり

ただ、ゼリー系栄養補助飲料の弱点には弱点があり、一度開封して口をつけてしまうと、長時間の保存には向かないという事。

我々釣り人は暑い季節に活動する事も多く、そんな時期に一度口をつけたゼリー食品を、一度時間を置いてから食べるのは衛生的に問題がある。

つまり、一度開封して口をつけたものに関しては食べきる事が推奨されるため、ゼリー系栄養補助飲料だけで一日に何度か栄養補給しようと思うと、何個も持ち歩かないといけない事になる。そういった意味では携帯性が低くなってしまうのだ。出来るだけ荷物をコンパクトにまとめたい釣り人にとってこれは痛い。

経済的に余裕があるアングラーや短時間釣行にはオススメ

また、コストとしてもかなり高めで、毎回釣行に持っていく気にはならないかもしれないのも痛い。とはいえ、数時間程度の短時間釣行時における、ちょっとした水分&栄養補給にはもってこいである事も間違いないため、一応オススメさせて頂いた。

最後にオススメするのが、これも言わずと知れた栄養補給源、スポーツドリンクだ。スポーツドリンクは液体であるため、吸収性に優れており、即効性が高い。その中にはスポーツの際に必要とする糖分やミネラル等が含まれており、釣行時の水分補給や疲労回復にはもってこいと言えるだろう。

実際ポカリスエットなどの高品質なスポーツドリンクは、風邪を引いた際などの療養時に飲む飲料としても医師や栄養士が推奨するほどであり、その効果の信頼性は高い。

ただ、これはもはや携行食というより、携行飲料にあたるので、番外扱いとさせて頂いた。

本稿では釣行時に最適な携行食を紹介してきたが、いかがだっただろうか。日本の釣り業界は科学の介入が遅かった世界でもあるため、釣りがスポーツ科学的な観点で捉えられる事はまだまだ少ない。しかし、釣りはレベルが高くなればなるほど脳も体も酷使する種目であるため、本来なら栄養学をはじめとするスポーツ科学的な観点は必須と言える。

釣れるアングラーになりたい人や、その能力を維持したい人は、釣行時の携行食にも気を配ってみよう。頑張るアングラーほど効果を実感できるはずだ。